場づくりについて

6月に行うワークショップに向けて書いたコラムを掲載します。

【場づくり その1】

皆さんは、「場づくり」のために、どんなことをやっていますか?

そもそも「場」って、何でしょう? 最近では英語で表現できないため「BA」という日本語英語で呼んでいる海外ファシリテーターもいるんですよ♪ それくらい、捉えどころのないのが「場」です。

「場」は様々なもので構成されていますが、その一つが会場の選定と、しつらえ。

会場の慧光寺は、自然に溢れ、住職の素敵な野外料理を外で食べることができ、焚き火やツリーハウスはあり、と、たくさんのいわゆる「おもてなし」と「自然との融合」があります。

でもそれはあくまでも、目に見える部分。

実は慧光寺は、私の師匠アーサー・ハル氏を招いてのドラムサークル(DC)・ファシリテーター養成研修会場となっていたという歴史をもつ「ドラムサークルの聖地」。ここにはDC以外にも、たくさんの学びと成長、交流と笑顔の記憶が染み付いています。そして、家族同様の慧光寺を会場に使わせていただけるという「私の」安心感も、「場」を支える大切な要素です。

その他にも「場づくり」にはたくさんのヒミツがありそうです。

【場づくり その2】

「場」は、何でできているでしょう?

モノ、人、場所、時間、意図や目的、プロセス、そして・・・???

「場」は、誰が作るのでしょう?

主催者、依頼者、ファシリテーター、参加者、実はそこにいない人、そして・・・???

「場」は、いつできるでしょう?

事前、最中、事後、そして・・・???

細かく考えていくと、面白いですね♪


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中