Who We Are

113 soloprofile 代表:佐々木 薫

非言語・言語ワークショップでこれまでに2万人以上をファシリテート。行き届いた空間やプログラムデザインと、現場での即興力を併せ持つ。

オーストラリアの大学院で社会言語学を学んだ後、1989年よりブラジルアマゾンの熱帯林・先住民の支援団体の事務局長を務め、以後環境・人権・平和活動に取り組む。1992年〜エコツアーの先駆けである海外のドルフィンスイムツアーを、1995年〜西アフリカセネガルの文化を学ぶツアーを企画・主催。1996〜2002年には公正や環境をテーマとした月刊誌The New Internationalist Japanのメイン翻訳者をつとめる。

「世界防災会議@仙台(2015年、男女共同参画と災害・復興ネットワークメンバーとして)、国連生物多様性会議COP13準備委員会SBSTTA(2016年、国連生物多様性の10年市民ネットワーク通訳として) に出席。

2007年に「学習する組織」やホールシステムアプローチに出会い、以来、イキイキとした組織づくりを支援する。また、ユニークな各種研修を行う一方で、リーダー・ファシリテーター・チェンジエージェントの「あり方」を磨く機会を数多く提供している。

国内でのファシリテーションに加え、2016年にはアラブ首長国連邦 国営石油公社の環境調査に関する会議をファシリテート。

Blue Wing者認定Standing in the Fire*ワークショップ・ファシリテーター、Case Western Reserve University認定「ビジネスと社会のためのAppreciative Inquiry(AI)ファシリテーター」、ヒューマンバリュー認定AI&ワールドカフェ・プラクティショナー、認定NLPプラクティショナー、Coaching from a System’s Perspectiveコーチ。

著書に『エンパワーメント・ドラムサークル ファシリテーターの在り方』(ATN)、『海の気分で CLUES IN BLUE』(イルカとマナティーの写真集、ディスカヴァー・トェンティワン)、訳書に『プロフェッショナル・ファシリテーター どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀』(原題:Standing in the Fire*、ラリー・ドレスラー著、森時彦監約、ダイヤモンド社)他多数。

rondavid           写真1
     AI創始者デビッド・クーパーライダー教授、ロン・フライ教授と                    AI創始者ダイアナ・ホイットニー氏と

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

rdv5e1pydtnqblqfib8e Alliance Partner:依田 真美

20年以上に渡り、証券アナリストとして外資系金融機関等で日本、韓国、中国の企業や自治体を、インタビューを大切にしたボトムアップ・アプローチで分析する。

加えて、アナリストチームをまとめる部門長として、常に高いストレスの下で働き続けるメンバーを支え活かす努力をする中で、2007年にホールシステム・アプローチと出会う。

地域や組織を超えた人のつながりを生み出すことに関心を持ち、2009年に退職。現在は、ホールシステム・アプローチのひとつであるAppreciative Inquiryや、参加型リーダーシップの教育実践であるArt of Hostingを通じ、組織や地域やそこにいる一人ひとりが自らの魅力を発揮できる土壌作りを支援している。

Sanca Process Design代表、相模女子大学学芸学部英語文化コミュニーション学科准教授、NPO法人「日本で最も美しい村」連合 資格委員。

マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院卒 修士(Msc in Management)、北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 博士(観光学)。ケース・ウェスタン・リザーブ大学Appreciative Inquiry資格コース修了。FORTHイノベーションメソッド認定ファシリテーター。米国CTI認定プロフェッショナル・コアクティブ・コーチ(CPCC)。米国CFA協会公認ファイナンシャル・アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

yuko Alliance Partner:玄道 優子

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

chieko  Alliance Partner:東 千恵子

かつては法律家を志していたが、人間にはけっして変えることのできない自然の法則にロマンを覚え転向を決意。
大学を卒業後、オーストラリアへ渡り海洋生物学を学ぶ。イルカの社会行動はじめ大型海洋哺乳類の生態調査に従事。その興味は、いつしか自然と調和する平和的ライフスタイルの個人、組織、社会レベルでの実現へと変容。
メキシコの社会的企業で環境教育に従事したのち、サステナビリティ戦略と組織開発をスウェーデンの大学院で学ぶ。
地球一周の船旅を通じた参加型の学びを提供するNGO にて持続可能な発展や対話に関するワークショプを多数企画開催。現在独立し、社会と環境に配慮したビジネスのあり方をクリエイティブに創造する応援団「HappierBusiness -for all life on the planet-」を主宰。